DWG互換CADが注目されていますが、これは海外の企業で提供されているAutoCADに関するデータ形式となっている、DWGと高いデータの互換性を持っています。このDWGデータを編集していく時に、設計していく作業を行うことができるCAD専用のソフトウェアです。日本の建設業界でも3次元のモデルを活用して、建物を設計することも増えてきました。

急速に普及している技術の中で、従来利用されている2次元のCAD以上に高価なソフトであったり、ハードを必要としていく中で2次元用のソフトについて運用コストを注目する企業が増えています。どのようにコストを削減していくかを考えていかなければならないポイントが、それぞれの企業の課題となっています。

そんな中で建設業界で活用されてきたのが、AutoCADによる図面ファイルです。これを読み書きすることできるようになり、しかも安くなっているDWG互換CADを導入してコストダウンに繋げています。

日本では数多くの優れている、国産のCADが色々と存在しています。それ故に、日本全体から注目した時に生産性が落ちていると感じてしまうこともあります。しかしそれぞれのCADというのは、日本のマーケットで特殊用途にそれぞれ対応しています。生産性も高くなっていますが、他のCADとデータの互換性は課題があります。そんな中で海外のソフトウェアも組み合わせながら活用していき、ビジネスに活かされています。

CADの注目が集まる