もしもCAD関連の資格試験について、独学で勉強していこうとする時は難しくは決してありません。資格に関してテキストを購入して、隅々まで勉強していくようにしましょう。まとめて勉強時間を取ることができなければ、どうしても半年以上かかってしまうこともあります。暗記をしっかりと行うことができれば、問題なく資格取得ができるようになります。

CADを操作していくことはスクールなどで勉強していくこともできますが、独学でどうしても難しいと感じる人には楽といえるでしょう。本などで紹介されないコマンドや、右クリックから操作を行っていく内容を丁寧に教えてくれます。業界の実情なども教えてくれるので、自分の癖やつまずいてしまう思考法を改善していくといいでしょう。

しかし大手のパソコンスクールで対応をしていることが多いですが、どうしても近くにない時には参考書などで勉強していかなければなりません。独学を行う中で必要なものとして、最初にCADを学ぶためのテキストが必要です。1冊だけ購入して、何度も繰り返して学んでいくのが楽です。AUTOCADであったり、DWG互換CADなどの知識を習得することができます。そして過去問などを解いていく資格用のテキストを、その後購入して知識を深めましょう。

独学で学ぶ方法