独学のポイント

独学でCADの資格取得に向けた勉強を行っていくことによって、色々なメリットがあります。時間に関して余裕を持っている時に集中して進めていくことができますが、その時に勉強に関して費用をかけずに行うことができます。

さらにメリットとして進行表を作っていくことによって、勉強の進み具合などをしっかりと管理することもできます。仕事にしていくと考えているのであれば、業務上においては1日中CADと取り組んでいくこともあるので、勉強を行っている間は極力一度に長い時間を作って調整するようにしましょう

そんな中でCAD関連の資格取得を独学で学んでいくにはデメリットもありますので、注意しながら勉強していかなければなりません。デメリットとして、これからCADを最初から独学で学んでいこうと思っていると、あらかじめ目標を決めることによって進められていくことができます。

しかし分からない時に自分の力で時間をかけて調べながら解決していくことがデメリットとなっています。徐々にモチベーションも落ちていくので、勉強が中断しないようにしましょう。さらに実際にCADを利用した仕事を経験していない時に、業界の現実を知れない点もデメリットとなっています。

独学で学ぶ方法

もしもCAD関連の資格試験について、独学で勉強していこうとする時は難しくは決してありません。資格に関してテキストを購入して、隅々まで勉強していくようにしましょう。まとめて勉強時間を取ることができなければ、どうしても半年以上かかってしまうこともあります。暗記をしっかりと行うことができれば、問題なく資格取得ができるようになります。

CADを操作していくことはスクールなどで勉強していくこともできますが、独学でどうしても難しいと感じる人には楽といえるでしょう。本などで紹介されないコマンドや、右クリックから操作を行っていく内容を丁寧に教えてくれます。業界の実情なども教えてくれるので、自分の癖やつまずいてしまう思考法を改善していくといいでしょう。

しかし大手のパソコンスクールで対応をしていることが多いですが、どうしても近くにない時には参考書などで勉強していかなければなりません。独学を行う中で必要なものとして、最初にCADを学ぶためのテキストが必要です。1冊だけ購入して、何度も繰り返して学んでいくのが楽です。AUTOCADであったり、DWG互換CADなどの知識を習得することができます。そして過去問などを解いていく資格用のテキストを、その後購入して知識を深めましょう。

CADの注目が集まる

DWG互換CADが注目されていますが、これは海外の企業で提供されているAutoCADに関するデータ形式となっている、DWGと高いデータの互換性を持っています。このDWGデータを編集していく時に、設計していく作業を行うことができるCAD専用のソフトウェアです。日本の建設業界でも3次元のモデルを活用して、建物を設計することも増えてきました。

急速に普及している技術の中で、従来利用されている2次元のCAD以上に高価なソフトであったり、ハードを必要としていく中で2次元用のソフトについて運用コストを注目する企業が増えています。どのようにコストを削減していくかを考えていかなければならないポイントが、それぞれの企業の課題となっています。

そんな中で建設業界で活用されてきたのが、AutoCADによる図面ファイルです。これを読み書きすることできるようになり、しかも安くなっているDWG互換CADを導入してコストダウンに繋げています。

日本では数多くの優れている、国産のCADが色々と存在しています。それ故に、日本全体から注目した時に生産性が落ちていると感じてしまうこともあります。しかしそれぞれのCADというのは、日本のマーケットで特殊用途にそれぞれ対応しています。生産性も高くなっていますが、他のCADとデータの互換性は課題があります。そんな中で海外のソフトウェアも組み合わせながら活用していき、ビジネスに活かされています。